1. >
  2. >
  3. エンジニア面接|どんな質問も怖くない!シンプル面接攻略法

エンジニア面接|どんな質問も怖くない!シンプル面接攻略法

エンジニア面接|どんな質問も怖くない!シンプル面接攻略法のイメージ画像

エンジニア転職で避けて通れないのが「面接」です。特に、面接での「質問」に上手く答えられないという悩みを抱える方が多くいます。今回は、どんな質問も怖くなくなる面接の攻略法を解説していきます。

なぜ質問に上手く答えられないのか

答えはシンプルです。「自分の考え方、軸が決まってないから」です。
例えば面接において、以下の様な経験はありませんか?

・思いもよらない質問が来て、言葉に詰まる。
・場が凍りついたことで、緊張が強まり、さらに言葉が詰まる…

実は面接官は、エンジニアの求職者が緊張で上手く話せないことを理由にマイナス評価を下すことは稀です。営業職の面接であれば、プレゼン能力や役職者と向きあった時の胆力を推し量るうえで、このあたりを見ることもありますが、エンジニア職に求める能力としては優先順位が高くないのです。従って、緊張しない方法をあれこれ考えるのではなく、緊張して上手く話せなくても「伝えるべきポイント」をずらさないことに注力すべきでしょう。では、面接において「伝えるポイント」とは何でしょうか。

企業が知りたいことはたった1つ

面接では様々な質問をされます。ただ、企業が知りたいことはたった1つです。それは「あなたが採用されたら業績が伸びるか否か」です。企業が内定を出すのは、業績向上や業務効率化につながるからであって、それ以外に理由はありません。

面接での質問は2つに集約できる

面接官は「業績が伸びるかどうか」を調べるために質問をします。質問の切り口は様々ですが、実は質問はたった2つに集約されます。

1.あなたの性格や能力(強み)はなにか? → 自己PRに関する質問
2.なぜうちの会社で、強みをどう活かしたいのか? → 志望動機に関する質問

どんな質問が来ても上記の1か2のどちらかを聞いているとわかれば、あれこれ悩む必要がなくなります。余裕をもって面接に向き合うことができるでしょう。それでは、次の章で実際の質問例を見ていきましょう。

質問例:自己PRを聞かれている質問

以下の質問はすべて自己PR、すなわち「あなたの強みは何か?」と聞いています。

・自己紹介をお願いします
・趣味はなんですか
・前職ではどんなことをされていましたか
・前職で困難に向き合った話をしてください
・長所、短所を教えてください
・周りの方はあなたをどう見ていますか
・実績を教えてください
・失敗経験について教えてください

例えば、あなたのアピールしたい強みが「没頭力」だったとします。仮に面接で趣味について聞かれた際には、すぐに「強みは何か?」を聞かれていると察知し、趣味を例にいかに「没頭力」が高いかを語るのです。失敗経験を聞かれても同じです。すぐに「強みは何か?」を聞かれていると察知し、「没頭力」が高過ぎるあまりに視野が狭くなった失敗エピソードと改善努力について語ればよいのです。

質問例:志望動機を聞かれている質問

以下の質問はすべて志望動機、すなわち「なぜうちの会社で、強みをどう活かしたいのか?」と聞いています。

・退職理由を教えてください
・あなたにとっての仕事とは
・将来やりたい仕事はなんですか
・最近気になるニュースはありますか
・当社以外に受けている企業はありますか
・どんな時にやりがいを感じますか

例えば、退職理由を聞かれたとすれば、単にその理由を答えるだけではなく、なぜ面接先の企業を選び、自分の強みをどう活かすつもりなのかまで回答しなければなりません。そして、退職の理由から志望する理由までが一気通貫した形である必要があります。例えば以下の様に答えると面接官の心象は良くなります。
「退職理由はより広い領域での経験を積みたいと考えたからです。貴社には〇〇の領域を手がけられる環境があり、これまで培ってきた△△の経験を□□の様な形で活かすことができると考えています。」

もう一つ例をあげましょう。「最近気になるニュースはありますか?」といった質問はどうでしょうか。一見、志望動機とはかけ離れている様に見えますが、これも志望動機を聞かれていると解釈して問題ありません。

面接官が聞きたいのは、ニュースそのものではありません。ニュースを通じて、自社と求職者のベクトルがあっているのかを探っているのです。この質問に対する求職者の回答が自社に関連するニュースであれば、「この人は本当にうちの業界や仕事内容に関心が高く、勉強しているのだな。」と思うわけです。

例えば、以下の様に回答すると面接官はなるほど!と感じると思います。
「〇〇というニュースが気になっています。将来〇〇に関する仕事に携わりたいと考えており、〇〇について、△△の様に考えています。御社には〇〇に関する豊富な実績があり、自身の目指すキャリア像から見て、やりがいをもって取り組めると考えております。」

面接に向けての準備

<自己分析>

自己PR関連の質問に回答するためには、自分の強みを深掘りしておく必要があります。もちろん、具体例としてのエピソードを準備しておく必要があるでしょう。

<企業研究>

企業研究は主に以下を整理する作業です。

・自分のキャリアとしての方向性と会社の目指す方向性が重なるか?
・自分の強みが活かせるか?貢献できそうか?

<自己PRと志望動機の準備>

自己分析で自分の強みが明らかになったとしても、受ける企業側があなたの強みを求めていなければアピールしても意味がありません。企業研究をすることで、求められている人物像が明らかになっているはずです。自身の強みと照らし合わせて、効果的なアピール軸を考え、自己PRを作成しましょう。同じ様に、自己分析と企業研究で明らかになった自身と会社のベクトルをふまえて、志望動機を作成しましょう。繰り返しになりますが、自身の強みをどう活かすつもりかも盛り込まなければなりません。

その他のポイント

面接の評価は質問と回答のやりとりが大部分を占めるものの、その他の要素も評価に影響しますので、以下も参考にしてみてください。

<服装>

エンジニア採用に服装を求められることは少ないです。迷った場合はスーツでも良いでしょう。カジュアルでも大丈夫ですが、ビジネスの場でもあるので、サンダル、短パン、Tシャツは避けた方が無難です。服装は何でも良いと思われますが、第一印象はとても大事です。清潔感のある格好で面接にのぞみましょう。

海外ドラマの「SUITS」の主人公であるハーヴィ・スペクターはアシスタントのマイクにドラマの中で「第一印象が命だ。」と言います。人の印象は第一印象で決まります。だらしなく思われるよりは清潔感がある方が良いですよね?それであれば、清潔感があるように身だしなみには気をつけておくべきです。

<喋り方>

面接は緊張から無意識に早口になりがちです。自分の中では止まるくらいの感覚でゆっくり話す様にしましょう。ゆっくり話すことで自信があるように見えるのでおすすめです。また、相手が話している間は口を挟まず、じっくり聞く様にしましょう。途中で遮ってしまうと、人の話が聞けない印象を与えてしまう可能性があります。

<話す割合>

自分をアピールする場ですから、もちろん自分自身が話す機会が多くなります。ただ、勘違いしてはいけないのは「コミュニケーションの場」だということです。自分をアピールすればOKということではありません。「相手の話を聞けるか?」ということも見られています。面接官も一方的に話を聞くのではなく、双方の会話が弾めば好印象になりますよね?「自分のことばかり話すぎない。会話を楽しむ。」ということも大事かもしれません。

まとめ

いかがでしたか?面接の攻略法は、とてもシンプルです。

・企業が知りたいことはたった1つ、「あなたを採用することで業績向上につながるか」
・業績向上につながる人材かどうかを探るための質問は2つに集約できる
   1.あなたの性格や能力(強み)はなにか?     → 自己PRに関する質問
   2.なぜうちの会社で、強みをどう活かしたいのか? → 志望動機に関する質問

・上記をふまえて「自分の軸を整理し、企業研究をしておく」

弊社では面接の練習、ご自身のキャリアの深掘りなども面談等を通して行なっています。困った際には気軽に相談してください。