1. >
  2. >
  3. 転職成功につながる!エンジニア履歴書の正しい書き方

転職成功につながる!エンジニア履歴書の正しい書き方

転職成功につながる!エンジニア履歴書の正しい書き方のイメージ画像

エンジニアが転職を成功させるためには、まず「書類審査」を通過する必要があります。では、どうすれば通過できるのか?今回は、転職成功につながる履歴書の正しい書き方について解説したいと思います。

人事担当者が履歴書で見るポイント

まずは人事担当者が見るポイントを把握しましょう。具体的には「情報の正確性」「情報の見やすさ」「ひっかかる(個人の努力が感じられる)材料を散りばめる」「採用企業にマッチしそうだと思わせる」などです。

(1)情報の正確性

フォーマットに合わせて、元号なのか西暦なのかも含めて正確な記載が必要です。人事担当者の中には「履歴書ひとつちゃんと書けないのであれば、几帳面な仕事はできない」と感じて切り捨ててしまうこともあります。

また、あってはならない事ですが、経歴詐称はもっての他です。バレるかバレないか?という話で言えば大体バレますのでメリットもありません。転職を何回かしていると、履歴書のデータは蓄積されますので、その時に経歴の誤りがあると、それだけで永遠にその企業を受けられなくなるケースがあります。また入社後に経歴詐称が判明した場合、懲戒免職になる事が多いので気をつけてください。(転職エージェントやエンジニア派遣企業の担当者が書類審査を通しやすくしようと書き直しているケースも散見されます。付き合う会社は十分に気をつけてください。)

(2)情報の見やすさ

次に大事なのは「情報の見やすさ」です。簡潔に書くことが望ましいでしょう。情報が見やすいということは、業務上のドキュメンテーション能力が高いと見なされます。エンジニアであれば、プログラミングとも共通する部分ですね。

(3)ひっかかる(個人の努力が感じられる)材料を散りばめる

学歴、社歴、保有資格など、個人の努力が感じられる部分をちりばめておくことも大事でしょう。履歴書や職務経歴書は会ってもいない人をアウトラインから判断するツールのひとつです。いかに履歴書の中にこれまでの努力の痕跡を見せられるか?ということも大事なことです。

「学歴不問」という企業も増えてきていますが、これもひとつの努力の賜物です。仮に学歴にコンプレックスがあったとしても、社歴や役割などにおいて努力のあとが見える人は面接に呼ばれますから、けっして努力は無駄にはなりません。従事したこと、ポジション、資格などのアピールポイントを各項目にシンプルにちりばめていく工夫をしましょう。

(4)採用企業にマッチしそうだと思わせる

履歴書の中で「この求職者は弊社にマッチしそうだ」「ぜひ会ってみたいな」と思わせることが大事です。そのためにも「マッチしそうだ」と思わせる情報を散りばめておきましょう。

例えば、自分が30歳のインフラエンジニアだとします。今まで業務ではクラウド環境で仕事をやってこなかったのですが、AWSをメインで扱う企業に今後のキャリアアップとして就職したいとします。ただ、今後、クラウドの重要性は感じていたとします。この時、履歴書にはどうやっても「クラウドをやっていました」とは書けません。

ただ、この時に履歴書の基本情報としては「オンプレミスの仮想化に従事」ということを書きますが、自由欄に「自宅でAWSのインスタンスを立ちあげている」とか「社内でクラウドの勉強会を実施」などを実際に行っていれば書くことができると思います。(この時ですが、嘘だと面接でプロからの激しい質問に耐えきれないのでご注意ください)企業は常に完璧な人を採用しようとしているわけではありません。成長のために向上心があり、努力できる人を求めています。

最後に項目別にエンジニアの履歴書の正しい書き方の注意点をまとめておきます。
これはわからなくなった時に見ておいてください。

項目別の正しい書き方

 

【履歴書記入例】 画像クリックで拡大表示されます

基本情報

まず、正確に抜け漏れがなく記載をしましょう。特に西暦なのか、元号なのかは統一感を持って記載をしましょう。
時系列に簡潔に記載をしましょう。

学歴/職歴

経歴は高等学校の卒業から記載をするのが基本です。大学、大学院では学部、学科を、また専門学校などではコースもしっかりと記載しましょう。上記の学部などのテーマが応募求人にマッチする際には具体的な研究・学習内容を記載しましょう。異動などで部署や配属が変更になっている場合は、部署名や異動年月を記載しましょう。企業合併などによって社名変更があった場合は「○○株式会社(現株式会社□□)」と記載しましょう。退職予定日が決まっている場合は、「○○年○月 ○○株式会社 退職予定」と記載をしましょう。最終行には「現在に至る」と記載をし、その下の行には右詰で「以上」と記載をしましょう。

免許/資格

エンジニアであれば、システムに関連する資格なども多数ありますので、取得していれば記載しましょう。

趣味

採用時の面接官が場を和ます際に趣味の内容を見て話しかけたりします。ご自身が話せる内容を記載しておくと良いでしょう。

自由欄

「努力してきたこと」「自分のアピールポイント」「なぜ転職をするのか?」「今後のキャリアビジョン」などを記載すると良いでしょう。理想的には企業ごとに書き分けることが良いですが、難しい場合は自分自身の転職の軸となる上記の内容を記載すると良いでしょう。

おわりに

いかがでしたか?履歴書はなかなか書き慣れないものだと思います。そのため、アドバイスをくれる第三者に添削をしてもらうというのも一つの手だと思います。弊社では履歴書添削指導も行っていますので、お気軽にご連絡頂ければと思います。