1. ホーム>
  2. コラム>
  3. SIerの将来性|SIerで働くエンジニアが今考えるべきこと

SIerの将来性|SIerで働くエンジニアが今考えるべきこと

SIerの将来性|SIerで働くエンジニアが今考えるべきことのイメージ画像

IT業界も様々ですが、将来性が懸念されている業界のひとつがSIerです。今回は、SIerの将来性について考察しつつ、SIerで働くエンジニアが将来に向けて考えるべきことについて解説します。SIer企業に就職しようか悩んでいる方や、現在SIerにお勤めのエンジニアの方は是非、ご一読ください。

SIerの将来性

結論からいえば、SIerの将来性は明るいとはいえません。つまり、SIerで働き続けることはリスクが高いことだと考えられます。その理由は主に、以下が考えられます。

 

理由1:多重下請け構造
理由2:人月工数による収益モデル
理由3:企業と人材のミスマッチ

多重下請け構造

まず、一つ目の多重下請け構造についてですが、SIerでは、ひとつの開発プロジェクトを、元請け、下請け、孫請けといった形で仕事を分散させるケースが多く見られます。

 

 

元請け企業では、要件定義や基本設計など、上流工程の仕事を行い、下請け企業へ実装やテストといった業務を発注する仕組みです。また、下流工程を請け負う企業はSESといわれる「客先常駐型」の技術派遣が担うケースも多く見られます。

このようなピラミッド型の多重構造は、中間マージンが多く発生する要因であり、下流工程の会社は取り分が少なくなるという問題につながっています。

さらに、SESの場合は、客先常駐という特性上、労務管理がコントロールしづらくなるといった問題も起こりやすいといえます。

人月工数による収益モデル

SIerは、プロジェクトごとに稼働する人件費を算出し、請求する人月工数型のビジネスです。自社の独自のプロダクトやサービスを持たないSIerは差別化が難しく、価格競争に陥りやすい傾向があります。このため、利益率を高めにくく、エンジニアの給与も上がりにくいモデルといえます。

企業と人材のミスマッチ

入る会社が上流工程を担う会社か、下流工程を担う会社かという点は重要な問題です。要件定義やや設計をやりたいと思っていたのに、下請けや孫請けの会社に入ってしまっては、やりたかった経験を積むことは難しいといえます。

同じように、プログラミングをたくさんやりたいと思っていたのに、上流を担う元請け会社に入ってしまうと、プログラミングをする機会が少なく、思ったようなスキルアップはできないでしょう。

企業と人材のミスマッチは、企業だけに問題があるとはいえませんが、自社開発案件がほとんどないのに、自社開発もできると思わせたりする企業も存在します。また、ほとんど客先常駐のSESにもかかわらず、HP上でぼやかしたような表現をしている企業も存在します。

SIerで働くエンジニアがすべきこと

それでは、SIerで働くエンジニアは今後、どうすればよいのでしょうか。

キャリアの棚卸し

まずは、キャリアの棚卸しをしてみることをおすすめします。自分が中長期的に目指しているものはどのようなものなのかを明らかにするのです。職場環境、年収、仕事内容など、様々な要素があると思いますので、それらを一度洗い出し、優先順位をつけましょう。

キャリアプランの見直し

そのうえで、次のステップに進むためにどんなスキルを身につける必要があるのかを明らかにします。SIerで自分の目指すキャリアが手に入るのか、次のステップに進むために必要なスキルが身につくのかを確認する必要があります。そこにズレがなければ、SIerに残るのもひとつの答えです。ズレがあるならば、転職もひとつの選択肢になるでしょう。

転職エージェントに相談する

SIerにお勤めの方や、これからSIerにいくべきか悩んでいる方は、一度、転職エージェントに相談してみることをおすすめします。転職エージェントは業界動向やキャリアについて情報が集まっています。自分が人材市場でどのような位置にいるのかを確認し、望むキャリアを歩むために、どのような道を進めばよいのかを整理するのに役立ちます。

転職準備をする

そもそも、SIerからWeb会社への転職は可能か?という疑問を持たれている方もいらっしゃると思います。年齢や持ち合わせているスキルによっても変わってきますが、SIerからWeb会社への転職は可能です。

転職準備については、別の記事にまとめましたので、興味がある方は御覧ください。

まとめ

今回は、SIerの将来性と、SIerで働くエンジニアが将来に向けて考えるべきことについて解説しました。SIerに勤めている方や、入社を検討されている方は、まずは一度、冷静に業界の将来性や自分の中長期的キャリアを見つめ直してみてはいかがでしょうか。

 

<キャリアのお悩み、お気軽にご相談ください>
TechClipsエージェントはITエンジニア専門の転職エージェントです。現役のエンジニアがキャリアコンサルタントを務めており、親身なサポートをさせて頂きます。将来のキャリアに悩みを抱えている方は、ぜひお気軽にご相談頂ければと思います。