1. ホーム>
  2. コラム>
  3. Webエンジニアの仕事内容とは?

Webエンジニアの仕事内容とは?

Webエンジニアの仕事内容とは?のイメージ画像

インターネットが普及し、日常的にWebサービスが利用される時代になりました。そのような中、Webエンジニアの活躍の場も広がっていますが、Webエンジニアがどんな仕事をしているのかよくわからないという人もいるかもしれません。そこで今回は、Webエンジニアの仕事内容について解説します。Webエンジニアを目指している方は是非、ご一読ください。

Webエンジニアとは

Webはインターネット上のコンテンツ(テキストや画像)を関連付けたシステムといえますが、具体的にはホームページやショッピングサイトなど様々です。WebエンジニアはこれらWebシステムの開発や運用・保守を担う技術者を指します。ただ、Webエンジニアは幅が広い表現で、人によってその定義はまちまちです。


Webエンジニアの分類

まずは大きく分類してみましょう。定義の仕方はいくつかあると思いますが、例えば以下のようにわけることができます。

 

  • プログラマー
  • Webデザイナー(フロントエンドエンジニア兼務)
  • システムエンジニア

Webエンジニアの仕事内容

プログラマー

PHPやJavaなどのプログラミング言語を用いて、Webアプリケーションを構築する職種です。ビジネス上の目的を達成するために、システムエンジニアやWebデザイナーと協力しながら、システム構築を進めていきます。利用する言語は会社やサービスによって異なるので、自分がどんなものを開発したいのかを意識して、トレンドもみながら習得すべき言語を選ぶとよいと思います。

Webデザイナー(フロントエンドエンジニア兼務)

Webエンジニアの中にWebデザイナーを含まなくてもよいのでは?という議論はあるかと思います。今回は、フロントエンドエンジニアとWebデザイナーを兼務しているような人をイメージして含めています。

 

さて、Webサービスはコンシューマー向けのものもあれば、社内ツールなど様々ですが、利用する人が使いやすいものでなければなりません。デザイナーというと、ロゴなどのデザインをしているイメージを持たれるかもしれませんが、Webデザイナーは目に見えるデザインやレイアウトを作成したり、システムのインターフェースを設計したりと幅が広い仕事です。特に最近では単なる見た目だけでなく、UIやUXの設計もできるWebデザイナーは付加価値が高い人材として注目を集めています。

システムエンジニア

顧客の要望を叶えるために、ヒヤリングを行ってシステムの仕様を設計し、どんなシステムをつくればよいのか固める役目を担います。その後、プログラマーが実際にプログラミングをしてシステムを構築していくわけですが、そもそもの仕様が間違った方向であったり、コストが合わないといったことが起こると大変です。システムエンジニアはITに関する幅広い知識や経験が必要になる仕事といえるでしょう。

上記の他には、システムのインフラ側を担うインフラエンジニアなどとも仕事を一緒に行うこともあるでしょう。

まとめ

今回は、Webエンジニアの仕事内容について大きくプログラマー、Webデザイナー、システムエンジニアに分けて説明しました。Webエンジニアに興味を持ち、目指そうとしている方は、まず最初に、そもそも自分が目指すべき方向性はどれなのかを明確にする必要があるでしょう。

 

<キャリアのお悩み、お気軽にご相談ください>
TechClipsエージェントはITエンジニア専門の転職エージェントです。現役のエンジニアがキャリアコンサルタントを務めており、親身なサポートをさせて頂きます。将来のキャリアに悩みを抱えている方は、ぜひお気軽にご相談頂ければと思います。