1. ホーム>
  2. コラム>
  3. Webエンジニアに必要なスキル(駆け出しエンジニア編)

Webエンジニアに必要なスキル(駆け出しエンジニア編)

Webエンジニアに必要なスキル(駆け出しエンジニア編)のイメージ画像

IT人材の不足が叫ばれる中、Webエンジニアの重要性が高まっています。WebエンジニアとはWebシステムの設計や開発、運用保守を担うエンジニアを指します。今回はWebエンジニアに必要なスキルについて解説します。Webエンジニアに興味がある方は是非、参考にしてください。

プログラミング力

フロントエンドエンジニアの場合は、まずはHTMLとCSSをマスターするべきでしょう。そして、HTMLとCSSを扱えるようになったら、JavaScriptのスキルを身につけると良いと思います。JavaScriptは動的なWebサイトを作ることができるプログラミング言語です。ブラウザ側で動く言語で、ユーザーのアクションに応じてHTMLやCSSを変更でき、リッチなサイトにすることができます。


さらに複雑なシステムを開発する場合は、目的に応じてプログラミング言語を習得する必要があります。例えばデータベースを活用したシステム構築を行いたいといった場合は、サーバーサイドのプログラミングスキルも必要になってきます。例えば代表的なプログラミング言語でいえばPHPなどがあります。PHPはサーバーサイドで実行され、クライアント側に結果のみを戻します。PHPのスキルを身につければ、データベースと連携したシステム構築も可能になります。PHPは利用者が多く、機能やバージョンに関する情報もしっかりまとまっているため、駆け出しのWebエンジニアにおすすめの言語です。

データベースの知識とスキル

Webエンジニアの一線で活躍するためには、データベースの知識やスキルが必要になるでしょう。近年はデータ駆動型社会ともいわれる通り、あらゆるものがインターネットにつながり、データ化される時代です。Webシステムを安定的かつ、効率的に運用する仕組みを構築したり、セキュリティ対策を行ったりと、様々なスキルが必要になります。

コミュニケーション力

Webエンジニアにはプログラミング以外にも必要なスキルがあります。その一つがコミュニケーション力です。会社によってまちまちですが、Webエンジニアはデザイナーやプロダクトオーナーなどと一緒に仕事を行うことも多いはずです。プロジェクトに参加していれば、大小少なからず課題やトラブルに直面することもあると思います。そんな時、課題を乗り越え、プロジェクトを前に進めるうえでコミュニケーション力が重要となります。

リーダーシップ力

プロジェクトリーダーにしても、プロジェクトリーダーの下で働く場合にしても、プロジェクトの目的と目標を実現するために、現状と課題を整理し、優先順位をきめて課題解決に取り組む必要があります。プロジェクトがもともとの計画通りに進まないこともあるでしょう。そんな時にリーダーシップ力を発揮し、チームに貢献していく必要があります。

まとめ

今回はWebエンジニアに必要なスキルについて解説しました。Webの知識やプログラミングのスキルを高めることも大事ですが、コミュニケーション力やリーダーシップ力も重要ですので、苦手意識を持たれている方は、日頃の仕事の取り組み方を見直してみてはいかがでしょうか。





<キャリアのお悩み、お気軽にご相談ください>
TechClipsエージェントはITエンジニア専門の転職エージェントです。現役のエンジニアがキャリアコンサルタントを務めており、親身なサポートをさせて頂きます。将来のキャリアに悩みを抱えている方は、ぜひお気軽にご相談頂ければと思います。