1. >
  2. >
  3. ITエンジニアの年収事情|日本と海外の違い

ITエンジニアの年収事情|日本と海外の違い

ITエンジニアの年収事情|日本と海外の違いのイメージ画像

ITエンジニアは比較的、年収が高い職業といわれています。しかし、世界に目を向けてみると、同じエンジニア職でも色々と違いがあるようです。今回は、ITエンジニアの年収事情について、日本と海外を比較しながら解説していきます。エンジニアの年収事情が気になる方は、是非、ご一読ください。

ITエンジニアの年収事情

まずは、ITエンジニアの年収がどの程度なのか、日本とアメリカを比較しながらみていきましょう。以下は、経済産業省の「IT関連産業の給与等に関する 実態調査結果」をもとに作成したグラフです。

 

 

※出典:経済産業省 IT関連産業の給与等に関する 実態調査結果(平成29年)を参考に作成

※単位:万円

日本のビジネスマンの平均年収は、20代が約350万円、30代が約450万円、40代が約530万円、50代が約645万円といわれています。これと比較すると、日本のエンジニアの年収はどの年代においても高い水準にあるといえるでしょう。
しかし、日本のエンジニアとアメリカのエンジニアで比べると、上の図の通り、年収に大きな差がみられます。ただ、ここで注目すべきは年収の差だけではありません。ポイントは年収の推移の仕方です。
日本の場合、年代が上がるにつれて年収も上がっていきます。対して、アメリカは30代をピークに、40代、50代と年収が下がり続けます。この違いは、アメリカの実力主義、日本の年功序列のあらわれだといえます。

海外のITエンジニアの年収

下図も経済産業省の「IT関連産業の給与等に関する 実態調査結果」のデータです。各国における、ITエンジニアの平均年収と全産業の平均年収を比較した図です。

 

特徴的なのは、各国において倍率が異なることです。日本では、全産業の平均年収に対し、ITエンジニアの年収は1.8倍程度、アメリカでは2倍を超えた程度となっています。対して、インドやインドネシアでは9倍と、ITエンジニアが破格の高給取りであることがうかがえます。
しかし、日本やアメリカのような先進国と、インドを同じ土俵で比べるのは少々乱暴かもしれません。
先進国とインドでは、大学進学率も大きく異なります。インドの大学進学率は約25%と世界ランクで97位です。つまり、大学を卒業し、ITエンジニアとして働いている人たちは、選りすぐりのエリートともいえます。

日本におけるエンジニアの年収課題

ひとつには、職業イメージがあると思います。近年、中学生のなりたい職業ランキングにITエンジニアが入ってきました。しかし、高校生になるとITエンジニアはランク外になっています。つまり、日本ではエンジニアが憧れの職業とみなされていない現状があるといえます。これは、今後プログラミング教育が拡充されていくことで、少しずつ変わってくるとも思います。

エンジニアとしてどうキャリアを築いていくか

人生100年時代に突入していく中で、エンジニアはどういうキャリアパスを描いていくべきでしょうか。
私たちも、エンジニアのキャリアを考えていくキャリアコンサルタントとして、この問題についてはずっと考え続けていく必要があると考えています。企業とも求職者とも対話をしていく必要があると我々は感じています。

まとめ

海外と日本を比較した際に、必ずしも日本が悪いということはありません。ただ、今後もITエンジニアの需要は伸び続けますので、全体傾向としては需要が満たされない限りは給与は上がり続けていくことになると予想されます。しかし、そこに生産性がついてくるか?ということになれば、また考えていかねばならない問題であると思います。


<キャリアや転職のお悩み、お気軽にご相談ください>
 TechClipsエージェントはITエンジニア専門の転職エージェントです。現役のエンジニアがキャリアコンサルタントを務めており、親身なサポートをさせて頂きます。将来のキャリアに悩みを抱えている方は、ぜひお気軽にご相談頂ければと思います。