1. >
  2. >
  3. エンジニア職務経歴書|ここで差がつく!正しい書き方をコンサルタントが解説

エンジニア職務経歴書|ここで差がつく!正しい書き方をコンサルタントが解説

エンジニア職務経歴書|ここで差がつく!正しい書き方をコンサルタントが解説のイメージ画像

エンジニアの転職において、職務経歴書は採用の合否を左右する重要な書類です。しかし、フォーマットが自由なこともあってか、書き方に悩む方も多いと思います。そこで、今回は職務経歴書の正しい書き方について解説していきます。

職務経歴書の役割

企業の採用活動はまず書類選考から始まります。そのため、職務経歴書は採用担当者に「面接に呼びたい」と思ってもらうための重要なツールと言えます。

差がつくポイント

職務経歴書が面接に進むために重要であることは誰もが理解するところでしょう。ただ、念頭に置いておいて欲しいことがあります。それは、企業の採用担当者はあなたの書類だけを見ているわけではないということです。複数の応募書類の中から、「自社に合うかもしれない」と感じた求職者だけを面接に呼ぶのです。

では、採用担当者は職務経歴書のどの様な点を見ているのでしょうか。例えば次の様なものがあげられます。

書類の見やすさ

エンジニアに関わらず、社会人としての前提を問われる部分になりますが、「書類の見やすさ」は重要です。採用担当者は多忙ですので、応募書類の全てを熟読するわけではありません。職務経歴書を手に取ってざっと目を通し、「見る価値がありそうだ」と感じたものをしっかり読み込みます。

では、「見やすい」職務経歴書にするためには何に気をつけるべきでしょうか。例えば次の様な点に気をつけると良いでしょう。

  • 見やすいフォーマットを利用する
  •  適度に箇条書きにする
  •  冗長な文章を避ける

具体性

採用担当者の頭には「自社が欲しい人材要件」があります。職務経歴書を見る際には、頭の中で自社が欲しい人材要件と照らし合わせながら「合う」、「合わない」を判断しています。従って、職務経歴書の内容が抽象的だと、「よくわからない」と思われてしまう危険があります。職務経歴書は具体的に記載する様にしましょう。

応募先の求めとのマッチ度を感じられる切り口

採用担当者が「自社の求める人材かもしれない」と感じる様な切り口で記載すると、目に止まりやすくなります。先にあげた「具体性」とも重複しますが、以下の様な項目について詳細に記載しましょう。

  • 開発プロジェクトの内容、規模、期間
  • 環境や言語
  • 自身の役割
  • 成果や学んだこと

プロジェクトのマネージャー経験がある場合は、スケジュール管理やコスト管理、関係者との折衝力などが伝わる様にすると良いでしょう。

仕事へのスタンスを盛り込む

企業は実績やスキルだけではなく、あなたの人間性も見ています。企業によって「スキル」と「人間性」のどちらを重視しているかはまちまちですが、書類から伝わる人柄から「自社に合う」と感じられれば面接に進みやすくなります。この点から、仕事へのスタンスを盛り込んでおくことをおすすめします。ただし、冗長になると読みづらくなってしまうので、適度に入れるのがポイントです。

項目別の正しい書き方

続いて、項目別に正しい書き方やポイントを解説します。

日付・氏名

例)

  • 日付  :〇年〇月〇日
  • 氏名  :〇〇〇〇

<ポイント>

日付は書類提出日を記載する様にしましょう。

職務経歴

例)

  • 会社名 :株式会社〇〇
  • 勤務期間:〇年〇月~現在
  • 事業内容:〇〇事業
  • 売上高 :〇〇億円
  • 従業員数:〇〇名
  • 雇用形態:正社員
  • 所属部署:〇〇部
  • 役職  :〇〇

<ポイント>

売上高や従業員数は企業のHPを参考に記載しましょう。勤務期間や所属部署はよく見られる箇所ですので、正確に記載しましょう。

職務要約

例)

◯年に入社後、〇〇部で主に自社ECサイト構築プロジェクトに、開発リーダーとして従事。〇年◯月から営業支援ツールの開発業務に従事し、アプリ開発や改善業務を行う。

<ポイント>

5W1Hの要領で、簡潔に2〜4行程度にまとめましょう。

開発プロジェクト経歴

例)

  • 概要  :〇〇
  • 期間  :〇〇
  • フェーズ:〇〇
  • 業務内容:〇〇
  • 開発環境:〇〇
  • 開発言語:〇〇
  • 実績  :〇〇

<ポイント>

プロジェクトごとに上記の項目を記載します。フェーズは自身が担当したのが設計なのか、開発なのか、テストなのかといったことを記載しましょう。実績も必ず記載する様ににしましょう。

テクニカルスキル

例)

  • OS  :〇〇/経験期間/スキルレベル
  • 言語 :〇〇/経験期間/スキルレベル
  • フレームワーク:〇〇/経験期間/スキルレベル
  • DB  :〇〇/経験期間/スキルレベル
  • その他:〇〇/経験期間/スキルレベル

<ポイント>

各項目について、経験期間とスキルレベルを記載します。経歴詐称にならない様に、実態に即した内容にしましょう。

活かせる経験、知識、スキル

応募企業の求めるものを考慮したうえで、自身が活かせる経験や知識、スキルを箇条書きで簡潔に記載しましょう。

資格

保有資格を全て記載する必要はありません。応募先の業務で役立ちそうな資格があれば記載する様にしましょう。

自己PR

自身がアピールしたい「強み」を具体的な業務例を交えて記載します。尚、第三者の評価を盛り込むと説得力が増すのでおすすめです。また、入社後に取り組みたいことや将来ビジョンを記載すると採用担当者もあなたが何をしたいのかイメージしやすいので記載する様にしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。TechClipsエージェントでは、現役エンジニアがキャリアコンサルタントを務めていますので、応募書類の書き方について悩んでいるエンジニアの方はお気軽にご相談頂ければと思います。