1. >
  2. >
  3. SIer出身者がWEBエンジニアに転職する際のポイント

SIer出身者がWEBエンジニアに転職する際のポイント

SIer出身者がWEBエンジニアに転職する際のポイントのイメージ画像

受託開発市場が縮小する中「SIerエンジニアからWEBエンジニアに転職したい」という相談を受ける機会が増えています。そこで今回は、SIer出身者がWEBエンジニアに転職する際のポイントについて解説します。

SIerエンジニアとWEBエンジニアの違い

SIerエンジニアからWEBエンジニアに転職する際には、まず両者の違いを知ることが重要です。例えば次の点を念頭に置くと良いでしょう。

任せられる業務の違い

<SIerエンジニア>

SIerの場合、案件の規模によっても変わりますが、長期プロジェクトにアサインされれば腰を据えて業務に取り組むことができます。ただし、基本的に与えられた要件の範囲内での仕事を期待されていますので、自身が企画したり、上流フェーズの経験を積むといった事は難しいでしょう。また、役割分担が厳密化しているので、一部の領域に特化した経験を積める反面、自分で考えて領域を広げていきたい人にとっては、もどかしい環境といえるでしょう。

<WEBエンジニア>

業務範囲でいえば、良くも悪くも自分次第という側面が強いのがWEBエンジニアです。大きな企業であれば、一定の分業体制が出来上がっていると思いますが、ベンチャーであれば、手をあげれば経験の少ない領域でもフルスタックで任せてもらえるケースが多いでしょう。意思決定のスピード、ロジカルな思考、能動的な動きを求められます。

向き合いの違い

<SIerエンジニア>

クライアントに向き合う機会が多く、折衝力を鍛えられる環境です。

<WEBエンジニア>

社内向き合いが基本となるでしょう。場合によっては部門を跨いだ形で、社内の様々な人とコミュニケーションしながら業務を進めることになります。

給与の違い

<SIerエンジニア>

構造上の問題として給与が上がりづらい側面があります。受託開発の市場全体が縮小しているので、ベンダー同士の差別化が難しく、コスト勝負に拍車がかかるといった背景があるからです。
また、査定による差こそあれ、年功序列+役職による昇給が多いと感じます。良い評価を貰っているのにも関わらず役職がつくまでは昇給幅が少ない独立系SIerも存在する様です。

<WEBエンジニア>

所属企業の規模やフェーズによっても変わりますが、経験領域を広げやすいので、IT人材として価値を付けやすく、実績次第では給与を上げやすいといえます。
年俸制を取り入れている企業も多く、年1回〜4回(企業による)の面談・査定を通して等級が決められる事が多い様です。個人の実績はともかくサービスの業績に連動しやすい印象です。

SIerエンジニアがWEBエンジニアに転じる際のポイント

では、両者の違いを理解したところで、実際に転職活動を行う際に気をつけるべきこととは何でしょうか。ポイントは大きく4つあります。

スキルの棚卸し

前節で説明した通り、SIerエンジニアとWEBエンジニアには様々な違いがあります。従って、応募先企業が求めるスキルと自身の持っているスキル、不足しているスキルを明確にすることが重要です。この点を疎かにすると、企業側から「この人は自社ではうまくやっていけない」と判断されてしまいます。

SIer出身者が評価されるポイント

転職活動は一種のセールスともいえます。自身が応募先企業にいかに貢献できるかをアピールしなければなりません。ではSIer出身者が評価されるポイントとはどこでしょうか?
例えば、プログラミングのスキルはもちろんのこと、マネジメント経験や開発効率化のノウハウなどもアピールできる可能性があります。また、開発を進める上でチームメンバーと円滑にコミュニケーションをとれることや、キーマンと話をまとめるスキルも注目されるポイントです。この観点からSIerでのクライアント折衝経験はアピールできるでしょう。

SIer出身者が苦戦するポイントと対策

多くのSIer出身者に不足しているものとしては3つあると思います。

  • モダンな環境に対する知識
  • 書いてきたコードの総量
  • キャリアに応じた設計経験・能力

 

これらを補うことは一朝一夕では難しいですが、だからこそ、転職を意識し始めたらできるだけ早く準備に取り掛かるべきです。では具体的に何に取り組めばよいのでしょうか。おすすめしたいのが「トレンド技術やモダンなフレームワークを用いた開発」を行うことです。

よく、「本を読みました」とか「チュートリアルをやってみました」という方を見かけます。もちろん、その努力は素晴らしいのですが、それだけでは不十分と思った方がよいでしょう。

理想としては、フロントエンドからインフラに至るまでを一人で行い、マイクロサービスを2、3個作って、アウトプットを残すイメージです。基本設計から運用までご自身でやる必要がありますので上記の不足を補う事ができます。自信にもつながりますので、面接で堂々と受け答えができる様になるでしょう。

転職タイミング

結論としては、転職するならば若いうちがよいでしょう。受託開発の市場全体が縮小し、付加価値も高めにくい環境となれば、時間の経過とともに転職のハードルが高まります。先に書いた通り、コード量で見ても年々差が開くばかりです。

まとめ

最後にSIerエンジニアからWEBエンジニアに転職する際のポイントをおさらいしましょう。

  • SIerエンジニアとWEBエンジニアの違いを理解する
  • 自身のアピールポイントを掴む
  • 苦戦するポイントへの対策準備をしっかり行う
  • 転職するなら若いうちが良い

 

転職の際には、転職先の仕事について具体的にイメージできなければなりません。そのためにSIerエンジニアとWEBエンジニアの違いについて調べたり、スキルの棚卸しをしたりといった作業をする訳ですが、なかなかイメージしづらい部分もあると思います。そこで、もし友人にWEBエンジニアの方がいれば、実際に話しを聞いてみるとよいかもしれません。

また、弊社の様な転職エージェントに相談してみるのも一つの手です。似た様な悩みを持った方の相談を受けた経験があるはずなので、次のアクションにつながるアドバイスをもらえることでしょう。