1. >
  2. >
  3. アプリケーションエンジニアが活躍するために身につけるべきスキルとは?

アプリケーションエンジニアが活躍するために身につけるべきスキルとは?

アプリケーションエンジニアが活躍するために身につけるべきスキルとは?のイメージ画像

アプリケーションエンジニアとはアプリケーションの開発や運用に関わるエンジニアのことです。インターネットの普及とともに活躍の場が広がってきた職種で、変化が早く、競争の激しい職種でもあります。今回はアプリケーションエンジニアが活躍するために身につけるべきスキルについて解説していきます。

アプリケーションエンジニアの仕事内容

アプリケーションエンジニアは大きく3つに分けることができます。

  • 業務アプリケーション
  • Webアプリケーション
  • モバイル(スマホ)アプリケーション

 

業務アプリケーションとは、一言でいえば、顧客の業務を効率化するようなシステムです。具体的には生産管理ソフトや経理ソフト、人事管理ソフトなどが当てはまります。Webアプリケーションとはネットワークを通じて動作するもので、例えばWebメディアやショッピングサイトなどが該当します。モバイル(スマホ)アプリケーションはスマートフォンなどのモバイル端末のアプリです。これはイメージしやすいと思います。

また、業務の役割からみてみると、企画から運用まで、実に幅広い仕事があります。経験を積むことでプロジェクトのマネジメントを担うこともあるでしょう。

  • 企画
  • 要件定義
  • 設計
  • 開発
  • テスト
  • 運用

アプリケーションエンジニアのやりがい

自分が手がけたアプリケーションで顧客の作業効率が高まったり、コンシューマー向けのアプリケーションを通じて楽しい時間を提供したりと、アプリケーションを通じて社会貢献できることがこの仕事の魅力です。

活躍するために身につけるべきスキル

では、アプリケーションエンジニアが活躍するためには、どの様なスキルを身につけるべきでしょうか。

プログラミング力

アプリケーションの種類によって、よく使用される言語も変わってきますが、プログラミング力は必須です。最新の情報を吸収し学び続けることが大切です。

例)

    • 業務アプリケーション:「C」「C#」「JAVA」
    • WEBアプリケーション:「PHP」「Ruby」「Python」「JavaScript」
    • スマホアプリケーション:「JAVA」「Swift」

サーバーやデータベースなど周辺知識

アプリケーション開発にはサーバーやデータベースの知識も必要です。近年はクラウド化の動きも顕著ですので、その様な知識も役に立つでしょう。

設計力

設計にはモデル化と実装の2つの側面があります。前者でいえば、要件や要望をモデル化する力といえます。業務アプリケーションの場合は業務フローの理解も必要ですし、WEBアプリケーションならば、ユーザーがどの様に利用するのか具体的にイメージできる力が必要不可欠です。実際に設計に携わってみなければスキルを身につけるのは難しいので、まだ仕事で任せてもらえないといった人は、自分でなにか作ってみるのも良いかもしれません。

また、もう一つの実装力も重要です。技術やお金、人的な制約なども考慮したうえで最適な形を実現するためには、幅広い知識と経験が必要です。

コミュニケーション力

アプリケーションエンジニアは仕事の幅が広く、複数人でプロジェクトを組むことも多いため、コミュニケーション力が重要です。場合によっては非エンジニア職への説明や交渉が必要になるケースもありますから、物事をわかりやすく伝えるスキルも必要です。

マネジメント力

プロジェクトを成功に導くために、マネジメントは大きな役割を果たします。若い方の中にはプログラミングが好きで、マネジメントを敬遠する人も見受けられますが、チャンスがあれば経験することをおすすめします。プロジェクトを俯瞰して見る力が養われますし、将来的にプロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーへとキャリアアップしていく道もひらけます。

まとめ

今回はアプリケーションエンジニアとして活躍するために身につけるべきスキルについて解説しました。活躍するためには幅広い知識とスキルが必要になります。早いうちから知識習得、スキル獲得のために行動をおこしてもらえればと思います。