1. >
  2. >
  3. セキュリティエンジニアとは|仕事内容と必要なスキル

セキュリティエンジニアとは|仕事内容と必要なスキル

セキュリティエンジニアとは|仕事内容と必要なスキルのイメージ画像

T技術が進化し、インターネットが世の中に普及する中で課題となっているのが「情報セキュリティ」です。同時に、役割の重要性が高まっているのが、企業や組織の情報を守るセキュリティエンジニアです。そこで今回は、セキュリティエンジニアの仕事内容や必要なスキルについて解説していきます。セキュリティエンジニアを目指している方は、是非、ご一読くださいませ。

高まる情報セキュリティの重要性

世の中に広くITシステムやインターネットが普及し、世の中は格段に便利になりましたが、同時に以下のような情報セキュリティ上の問題も社会課題となっています。

 

  • 機密情報の漏洩
  • 個人情報の流出
  • システムの改ざんや停止

 

単に従業員がパソコンを持ち出し・紛失したといったケースもありますが、昨今は外部からのサイバー攻撃も重大な問題となっています。

 

これら情報セキュリティの問題は、企業のブランドイメージを大きく毀損したり、競合サービスへの乗り換えを誘発したりといったことに繋がりかねません。情報セキュリティの問題は多大な被害につながる可能性があり、全ての組織が経営上の重要課題として取り組む必要があるものといえます。

セキュリティエンジニアの仕事内容

セキュリティエンジニアとは、情報セキュリティの観点からシステムの企画や設計、実装、運用を担当するエンジニアを指します。ここではセキュリティエンジニアの仕事内容について整理していきます。

企画・提案

この工程では、セキュリティのプロの立場で「どんなシステムが必要か」を発案し、新しいセキュリティシステムの導入などを支援します。

設計

セキュリティの視点をもって、システム設計を行います。これ以降の工程は、その設計図をもとにシステム開発を進めていきます。ネットワークやOSのセキュリティ、不正アクセスの防止、侵入検知システム、暗号化に関する幅広い知識・スキルを用いて設計を行う必要があります。

実装

OSやネットワークなどの設定からプログラミングによる実装を行います。

テスト

テストでは、セキュリティの穴を見つけ、問題があれば対策の提案を行います。セキュリティの安全性を確認するために、擬似的にサイバー攻撃をするテストを行う場合もあります。

運用

運用はシステムを安全な状態に維持していく工程です。OSやミドルウェア、アプリケーションを最新バージョンに保ち、高いセキュリティを保つようにするとともに、システムに脆弱性がないか、監視ツールなども用いて日々チェックを行います。

セキュリティエンジニアに必要なスキル

つづいて、セキュリティエンジニアに必要なスキルを解説していきます。

セキュリティに関する知識・スキル

セキュリティエンジニアに求められる最も重要なスキルは、「セキュリティに関する知識」です。ただし、一口に「セキュリティ」といっても領域は多岐に渡ります。以下はOSI基本参照モデルで定義されている通信機能の7つの階層ですが、これらに関するセキュリティ知識は必要不可欠です。

 

  • 第7層:アプリケーション層
  • 第6層:プレゼンテーション層
  • 第5層:セッション層
  • 第4層:トランスポート層
  • 第3層:ネットワーク層
  • 第2層:データリンク層
  • 第1層:物理層

 

 ※OSI基本参照モデル:国際標準化機構(ISO)によって策定されたコンピュータの通信機能のモデル

セキュリティマネジメント

情報セキュリティは組織的に取り組む必要があります。そのため、いかにして組織の情報セキュリティを高めていくかといった知識が必要になります。

サイバー攻撃に関する知識

システムに関する知識やセキュリティマネジメントの知識も大事ですが、敵を知ることも重要です。したがって、世の中にどのようなサイバー攻撃が行われていて、どのような対策が効果を上げているかといった知識を身につけることも必要です。

 

関連資格

 

セキュリティエンジニアになるのには必ずしも資格が必要というわけではありません。しかし、採用企業は、知識や経験を測る目安として資格を重視することもあります。そこで、セキュリティエンジニアに役立つ資格をいくつかご紹介します。

シスコ技術者認定

ネットワーク機器開発において世界最大規模のシスコ社が運営する資格です。シスコ技術者認定にはレベル別に「CCENT」、「CCNA Security」、「CCNP Security」、「CCIE Security」といったものがありますので、自身のスキルレベルに合わせて取得しましょう。

情報処理安全確保支援士

情報処理推進機構(IPA)が運営する資格で、国家資格の一つでもあります。合格すれば、 情報セキュリティに関する知識・技能を有するものとして、経済産業大臣から合格証書が交付されます。

CompTIA Security+

運営のCompTIAは、世界各国に拠点を置くIT業界団体です。「CompTIA Security+」は 、基礎的なレベルでのセキュリティスキルや知識を証明する資格です。これらの資格は、採用に有利に働くこともあります。

セキュリティエンジニアの年収事情

セキュリティエンジニアの年収は600~800万円程度といわれており、チームリーダーレベルでは平均750万円程度と考えられています。

エンジニアの職種別平均年収

※引用:経済産業省 平成29年度 IT関連産業の給与等に関する実態調査結果

 

年収は人によってさまざまですが、企業として重要視するのは、仕事の成果やITスキルレベル、そしてコミュニケーション能力などです。この3つのレベルを引き上げることで、さらなる年収アップも見込めます。

まとめ

組織のデジタル化が進むにつれて、機密性・安全性の保持は重要な課題となっており、セキュリティエンジニアの需要は高まっています。そんな、将来性があるセキュリティエンジニアですが、幅広い知識やスキルが求められる仕事です。セキュリティエンジニアを目指そうと思っている人は、まずは学習するところからはじめてみてはいかがでしょうか。

 

<キャリアのお悩み、ご相談ください>
TechClipsエージェントはITエンジニア専門の転職エージェントです。現役のエンジニアがキャリアコンサルタントを務めており、親身なサポートをさせて頂きます。将来のキャリアに悩みを抱えている方は、ぜひお気軽にご相談頂ければと思います。