1. >
  2. >
  3. ITエンジニアの仕事内容|職種別の仕事内容を解説

ITエンジニアの仕事内容|職種別の仕事内容を解説

ITエンジニアの仕事内容|職種別の仕事内容を解説のイメージ画像

ITエンジニアの重要性が叫ばれている昨今ですが、一口に「ITエンジニア」といっても様々な種類があり、その定義も様々です。今回はITエンジニアの仕事内容について、種類別に解説したいと思います。 既にITエンジニアとして働いていて、ステップアップを考えられている方や、これからITエンジニアを目指そうとしている方が、ITエンジニアの全体像を把握する手助けになれば嬉しいです。

ITエンジニアの仕事内容

昨今のIT情報サービス(例えば、Yahoo!、Google、LINE、Facebook、Instagramなど)をサービス展開するためには、サーバーやデータベースを使いながら、サービスの開発、運用、保守を行っていかなければなりません。ITエンジニアは上記のようなサービスの開発、保守、運用を行うためにプログラム等の技術を駆使して対応を行います。

種類別の仕事内容

ITエンジニアには様々な種類があります。今回はいわゆるソフトウェア、もしくはwebやスマートフォンアプリに関連するITエンジニアの仕事内容をご紹介していきます。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアの仕事内容や必要なスキル、年収について解説します。

・仕事内容

一般的にwebブラウザやスマートフォンアプリ上の見た目や動きを開発するのがフロントエンドエンジニアの仕事です。企業によってはマークアップエンジニアやコーダーなどと区別しますが、近しい領域を業務としています。

・必要なスキル

UI/UXの開発にあたり、フロントエンドエンジニアはwebデザイナーからデザインをもらい、それをwebで正しく表示できるようにします。主にHTML、JavaSclipt、CSS、Reactなどが使われます。また、自身でIllustratorやPhotoshopを使い、デザインからコーディングまで一人で完結できる方もいます。

近年はユーザーインターフェース、ユーザーエクスペリエンス、つまりUI/UXを重要視するサービスも多いため、フロントエンジニアの役割は重要といえます。

・年収

400万円から600万円程度の年収での募集が多いです。

サーバーサイドエンジニア

サーバーサイドエンジニアの仕事内容や必要なスキル、年収について解説します。

・仕事内容

フロントエンドエンジニアがユーザー側から見える「フロント」を構築するのに対し、サーバーサイドエンジニアはユーザーには見えない裏側を構築するエンジニアです。そのため、サーバーサイドエンジニアはバックエンドエンジニアともいわれます。

サーバーのデータ通信部分を構築、開発するといったことが仕事となります。例えば、ユーザーがサイトへ訪問し、ログインする際にID、PWを入力します。そのID、PWがデータベースにあるかチェックして、ページの出し分けを行う設定を行ったりします。その他、ゲームなどではユーザーが取るアクションに応じて、ページや表示の分岐を構築、開発する業務を行なっています。

・必要なスキル

企業や開発チームによって様々な言語やフレームワークで開発を行うため、これらの知識やスキルが必要になってきます。よく使われる言語としてはPHP、C系、JAVA、Ruby、SQL、Pythonなどの言語があげられます。

・年収

400万円から700万円程度の年収で募集があることが多いですが、求人によっては1,000万円を超えることもあります。

インフラエンジニア

インフラエンジニアの仕事内容や必要なスキル、年収について解説します。

・仕事内容

インフラエンジニアは文字通り、インフラ側の設計や構築を行うエンジニアです。物理サーバー(オンプレミス)を仮想化し、ミドルウェアの設定やセキュリティ設定なども業務範囲です。

いわゆるデータベース、ネットワーク構築、セキュリティ設定などはこの領域に位置していますが、近年ではその業務がさらに分岐し、ひとつひとつの領域に特化したエンジニアが出てきています。特にAI、機械学習に関連するデータベースエンジニアや、ハッキングなどの対策を行うセキュリティエンジニアは需要が増しています。

・必要なスキル

サーバーやネットワークの知識が必要です。尚、現在はアマゾンウェブサービス(AWS)やマイクロソフトアジュール(MicroSoft Azure)などのクラウドサーバーサービスも発展しているので、クラウドサービスの知識や経験も必要になってくるでしょう。安定したシステムを実現するためには、インフラに関する設計から開発、運用・保守に至るまでの一連の知識とスキルが必要となります。

・年収

400万円〜650万円程度が多いですが、昨今、希望者も多いSREエンジニアなどはそれよりも高い年収になることがあります。

インフラエンジニアやSREエンジニアに関しては、以前、記事で取り上げてますので興味のある方は参考にしてみてください。

年収600万円~1,000万円のインフラエンジニアが身につけるべきスキルとは

SREとは|業務内容と求められるスキル

ITエンジニアの市場動向

今後の市場動向としては、2020年の小学校でのプログラミング授業の義務化などから、2030年にはITエンジニアの数も増えてくることが予想されます。現在、ITエンジニアである方はアドバンテージを持って就業できるとも考えられますが、今後、競争相手が増えてくるという考え方もできます。

まとめ

今回はITエンジニアの仕事内容について、種類別に解説しました。

<キャリアのお悩み、お気軽にご相談ください>

TechClipsエージェントはITエンジニア専門の転職エージェントです。現役エンジニアがキャリアコンサルタントを務めており、親身にサポートします。「今後、どういうキャリアを進んだらいいんだろう?」と悩まれた時は、転職の有無に関わらず、ぜひご相談頂けたらと思います。