1. >
  2. >
  3. プロジェクトマネージャーの仕事内容|求められるスキルも解説

プロジェクトマネージャーの仕事内容|求められるスキルも解説

プロジェクトマネージャーの仕事内容|求められるスキルも解説のイメージ画像

エンジニアの方の中には、「プロジェクトマネージャーに興味があるけど、どんな仕事かわからない」という方も多いと思います。そこで、本記事ではプロジェクトマネージャーの仕事内容や求められるスキルについて解説していきます。現在、エンジニアとして就業されている方は、将来のキャリアビジョンと照らし合わせて読んでいただければと思います。

プロジェクトマネージャーの仕事内容

プロジェクトマネージャーとは、「プロジェクトの管理」を行う人のことです。では、プロジェクトを運営するうえで具体的にどのようなことを「管理」するのでしょうか?プロジェクトマネージャーの仕事内容に関して、ひとつひとつ解説していきたいと思います。

①開発計画の策定

プロジェクトマネージャーは、顧客の要望をヒヤリングしたうえで、サービスやプロダクト開発の方針を明確にします。その際、顧客と主要機能やシステム構造などを確認しながら全体計画を立てます。その中で、開発規模、必要人員数、おおまかなスケジュール感などを決定し、依頼側と調整を行なっておきます。
エンジニアの方にはアジャイル開発で「好きなように作り上げていく」ことが好きな方もいると思います。MVP(ミニマムバイアブルプロダクト)を作り上げ、市場でテストするといったケースですが、この場合でも大まかなスケジュールや、利用者からのフィードバックに対する良し悪しの判断は必要になります。
つまり、開発の種類にかかわらず(アジャイル開発であれ、ウォーターフォール型であれ)、プロジェクトマネージャーの役割は重要といえます。

②チームメンバーの編成とサポート

プロジェクトマネージャーの仕事としてもう一つ重要なものがプロジェクトチームのメンバー編成とサポートです。個々のメンバーのスキル特性や性格に合わせて役割分担を行い、プロジェクトを遂行します。
また、プロジェクトを遂行していくうちに、技術的な問題やメンバー間の衝突、顧客からの計画変更の打診など、様々な問題が生じる場合があります。そういった場合の対処やメンバーのサポートを行なっていくこともプロジェクトマネージャーの大事な仕事です。

③プロジェクト全体の進行管理

プロダクト開発を行う際には多かれ少なかれ問題が起こります。例えば、プロジェクトの遅延が発生する場合、それが危機的な状況なのか?それとも人数を増員すれば解決するのか?など、ボトルネックに対して対策を行っていきます。システムの難所があり、スケジュールが遅れてしまう時には顧客に対して調整を行っていくことも必要でしょう。

④予算管理

企業の体力や資源は無限ではありません。スケジュールを遅らせる、または人数を増員するといった場合には必ずコストが増加することになります。その際の制作費や達成予算などを考えながら開発を円滑に進めていく力もプロジェクトマネージャーには必要になってきます。

⑤サービスやメンバーの評価

プロジェクトマネージャーの仕事は開発が完了すれば終わりでしょうか?そんなことはありません。開発したサービスの問題点や課題点はどこなのか?将来、問題が顕在化しそうなのか?といったことを含めて、プロダクトの評価をしなくてはいけません。設計段階では見抜けなかった問題点が出てくることもあるでしょう。追加開発が必要なのか?それとも拡張性を維持したまま、一旦、現状維持で終わらせるのか?など判断に迫られるケースはたくさんあります。
そして、関わってくれたメンバーへの評価やレビューも必要になってきます。彼らはこれからもエンジニアやデザイナーとして活動をしていくわけですから、プロジェクトマネージャーとして持っていた期待とその実績に対して評価やレビューを行い、給与や今後のキャリアにも反映させていかなければなりません。

プロジェクトマネージャーに求められるスキル

プロジェクトマネージャーのスキルについて「エンジニアとは全く違うスキルだな。。。」と思われた方も多いのではないでしょうか?ここからプロジェクトマネージャーに求められるスキルについて解説していきます。

①プロダクトやシステムアーキテクチャの設計能力

プロジェクトマネージャーにはシステムアーキテクチャの設計能力が必要です。そのうえで、携わっているプロダクトに関して、「課金ポイントはどこか?」「UI/UXはどうするか?」など、マーケティング力を問われるシーンも出てきます。このあたりは、書籍から知識を得てみるのもよいと思います。

②コミュニケーション能力

対外的にも、チーム内においても、プロジェクトマネージャーにとってコミュニケーション能力は重要です。自分の意思を齟齬なく周りに伝えられれば、きっとプロジェクトは円滑に進んでいくでしょう。また、経営者や依頼者の中にはシステムの知識が乏しい方もいると思います。その方達に彼らが理解できる言葉で伝えていくことも信頼を得ることにつながると考えます。

③マネージメント能力

マネージメント能力というものは立派なスキルです。正しい知識と方法を学べば誰もがマネージャーとして活躍することができます。逆に、マネージメントを学んでいない方は正しいマネージメントができないかもしれません。そのためにも一度体系的にマネージメントに関して学ぶべきだと思います。チーム編成、組織体制、コーチングなど、マネージメントに紐づく概念はたくさんあります。ひとつでも多く学習をしておくと良いでしょう。
また、マネージメントする対象は人だけではありません。利益や予算を考える意味では経理、アカウンティング(企業会計)の知識も必要になる場合もあるでしょう。事業プランから作成する場合には、キャッシュフローまで考えなくてはいけません。

④リーダーシップ能力

マネージメントスキルとリーダーシップスキルを混同される方も多いですが、似て非なるものですので分けて理解する必要があります。マネージメントとは数値で管理することです。進捗は良いのか?悪いのか?などを観察し、定量と定性の両面で判断と評価を繰り返していくことを指します。
現在、経営層から求められるマネージメント能力は、リーダーシップ能力に近いかもしれません。そのためリーダーシップに関してもしっかりと学ぶべきです。
リーダーシップはどちらかというと、牽引する姿勢にイメージが近いといえます。まだ先もわからない中、リーダーの姿勢や一言でチームを一丸とし、牽引していくことになります。リーダーシップもスキルなので、持っておくべきマインドセット(心意気)とスキルセットがあります。
例えば、リーダーシップの方法のひとつにはエンパワーメントリーダーシップや変革リーダーシップ、概念としてPM理論やX理論、Y理論などがあります。リーダーシップの研究は近年盛んに行われているため、すぐに書店などでも手に入れられると思います。

プロジェクトマネージャーとエンジニアの違い

プロジェクトマネージャーは開発現場のエンジニアと異なり、総合的なスキルが求められることがお分かりいただけたでしょうか。プロジェクトマネージャーは職務レイヤーが経営層に近づくため、高い視点が求められるのです。当然ですが、高い問題解決能力が求められ、難しい判断を迫られるポジションといえます。
「急にそんなことできないよ・・・。」という方も多いと思います。しかし、少し考えてみてください。みなさんの尊敬する上司やプロジェクトマネージャーの方は、今回記事でとりあげたスキルを過不足はあったとしても持ち合わせているはずです。
つまり、経験をしっかりと積み、学び続ければできるようになるのです。経験と書きましたが、やはり知識はあっても実務での経験ほど学びを得られるものはありません。

まとめ

今回はプロジェクトマネージャーの仕事内容や求められるスキルについて解説しました。プロジェクトマネージャーを目指そうと考えている方の中には、どのようなキャリアステップを歩めばよいか悩んでいる方や、今の会社ではキャリアが用意されておらず悩んでいる方もいると思います。

<キャリアのお悩み、お気軽にご相談ください>

TechClipsエージェントはITエンジニア専門の転職エージェントです。現役のエンジニアがキャリアコンサルタントを務めており、親身なサポートをさせて頂きます。将来のキャリアに悩みを抱えている方は、是非お気軽にご相談頂ければと思います。