1. ホーム>
  2. コラム>
  3. アプリケーションエンジニアの仕事内容|やりがいや種類も解説

アプリケーションエンジニアの仕事内容|やりがいや種類も解説

アプリケーションエンジニアの仕事内容|やりがいや種類も解説のイメージ画像

alertこの記事は半年以上経過した記事です
アプリケーションエンジニアとは、システム上で動作するアプリケーションに関わる一連の業務を担うエンジニアです。ただし、アプリケーションにはいくつか種類があり、業務の幅も多岐に渡ります。今回はアプリケーションエンジニアの仕事内容や、やりがいについて解説していきます。アプリケーションエンジニアに興味がある方は是非参考にしてみてください。

アプリケーションエンジニアの仕事内容

アプリケーションエンジニアの仕事はアプリケーションの種類によって大きく3つに分けることができます。

  •  業務アプリケーション
  •  Webアプリケーション
  •  モバイル(スマホ)アプリケーション

業務アプリケーション

顧客の業務を効率化するようなシステムです。具体的には生産管理ソフトや経理ソフト、人事管理ソフトなどが当てはまります。

Webアプリケーション

ネットワークを通じて動作するもので、例えばWebメディアやショッピングサイトなどです。

モバイル(スマホ)アプリケーション

スマートフォンなどのモバイル端末上で動作するアプリです。こちらはイメージしやすいと思います。

アプリケーションエンジニアの役割

業務上の役割でいえば、企画から運用まで実に幅広い仕事があります。経験を積むことでプロジェクトのマネジメントを担うこともあるでしょう。

 

  • 企画
  • 要件定義
  • 設計
  • 開発
  • テスト
  • 運用

アプリケーションエンジニアのやりがい

自分が手がけたアプリケーションで顧客の作業効率が高まったり、コンシューマー向けのアプリケーションを通じて楽しい時間を提供したりと、アプリケーションを通じて社会貢献できることがこの仕事の魅力です。

特にWEBアプリケーションやモバイルアプリケーションの場合、一般消費者が利用するものも多く、実際に人々がアプリケーションを利用しているところを目にしたり、話題にあげているのを耳にする、といったこともあるでしょう。世の中を動かしているという感覚はエンジニアとしてモチベーションにつながるはずです。

アプリケーションエンジニアに必要なスキル

アプリケーションエンジニアには幅広い知識やスキルが必要となります。

以前、アプリケーションエンジニアのスキルについて記事にまとめましたので、参考にしてみてください。

「アプリケーションエンジニアが活躍するために身につけるべきスキルとは?」

 

<キャリアのお悩み、お気軽にご相談ください>

TechClipsエージェントはITエンジニア専門の転職エージェントです。現役のエンジニアがキャリアコンサルタントを務めており、親身なサポートをさせて頂きます。将来のキャリアに悩みを抱えている方は、ぜひお気軽にご相談頂ければと思います。