1. >
  2. >
  3. データベースエンジニアの仕事内容|現場で働く人の意見も参考に解説

データベースエンジニアの仕事内容|現場で働く人の意見も参考に解説

データベースエンジニアの仕事内容|現場で働く人の意見も参考に解説のイメージ画像

データベースエンジニアとは、データベースの設計や構築、運用・保守を行う技術者のことを指します。ITシステムを支えるための重要な職種であり、IT人材不足を背景に、今後も需要が見込まれる職業です。今回は、データベースエンジニアを目指している方に、データベースエンジニアの仕事内容をご紹介します。後半では、実際にデータベースエンジニアとして働いている人の意見も参考にしながら、やりがいや、向き不向きについても解説したいと思います。

データベースエンジニアの仕事内容

データベースエンジニアの仕事内容は大きく分けて3つに分類できます。

設計・開発

顧客や自社がどのようなデータを管理し、運用を行なっていくのかの目的をふまえた上で、最適なデータベースの設計や開発を行なっていく業務です。主にMySQLPostgreSQLなどのデータベースアプリケーションを使用し、目的に合わせてデータベースの構築を行なっていきます。現時点の目的だけではなく、将来の拡張性や使用用途に合わせて設計、構築を行なっていく必要があります。

管理

データは単に保持していれば良いわけではありません。保存データに合わせて、データベースサーバーの最適化やチューニングを行なっていく必要があります。

運用

安心してシステムを利用するためには、データベースのアクセス権やバックアップ、セキュリティなどの最適化が必要です。昨今問題になっているデータベースへの不正侵入やデータ流出への対策も重要な仕事です。なぜなら、データベースにある情報は一旦社外に流出してしまえば、企業に対しての信頼低下、またそれに伴う経済的なダメージを受けることにもつながるからです。

データベースエンジニアのやりがい

データベースエンジニアはインフラを支える縁の下の力持ち的な存在ですが、実際に現場で働いている人はどのようなことにやりがいを感じているのでしょうか?

課題解決の面白さ

日々の業務では、多くの課題にぶつかります。例えば、データベースをどのような設計にすれば効率的な処理が行えるかだったり、コスト圧縮するためにはどうすればよいか、といったことです。頭を抱えることもありますが、課題と向き合う中で、成長を実感することができます。

新しい分野で自らの力を試せる

IoTやAI、ビッグデータ等が注目を集めていますが、データベースが関係しないものはありません。新しい分野に取り組むと、企業にノウハウが少なく、苦労も多いと思います。しかし、目標を達成した時には、自らの手で新しい分野を切り開いたという大きな達成感を味わえることでしょう。

データベースエンジニアに向いてる人・向かない人

データベースエンジニアへの転職を検討する際、自分がデータベースエンジニアに向いているのか不安になることもあると思います。実際、どのような人がデータベースエンジニア向いているのでしょうか?

向いてる人の特徴

  • ITシステムのうち、インフラに関する知識 に長けている人
  • 論理的構成能力、論理的思考能力に長けている人
  • 粘り強く、課題に取り組める人
  • 統計学や機械学習に関する造詣が深い人

 

実際にデータベースエンジニアとして働く人に話を聞くと、「論理的思考能力」や「粘り強さ」が特に重要という意見があげられました。データベースは構造が命です。後からデータの収集方法や管理方法を変えることは負荷の高い作業となってしまいます。だからこそ、論理的に思考し、粘り強く課題に向き合える人が向いているといえます。

向かない人の特徴

  • 感覚的に勢いで開発をしたい人
  • 計画が苦手な人

 

上記した通り、データベースの設計や構築には論理的思考や粘り強さが必要です。感覚的に勢いで作りたい、といった人はどちらかというと向かない職種だといえます。

未経験でもデータベースエンジニアになれるか?

データベースエンジニアとして働く人に聞いてみると、「可能」という意見が多くあがりました。理由は、誰もがはじめは未経験からスタートしているからです。ただし、これまで全くインフラに触れてこなかったエンジニアがいきなり、データベースエンジニアになることはなかなか難しいでしょう。しかし、諦める必要はありません。順を追って、ステップアップしていけば、データベースエンジニアになることは可能だと思います。
非エンジニアであれば、まずはエンジニアとして基礎固めができる環境で働き、実績を積むのです。すでにエンジニアとして働いているが、インフラの経験がないというエンジニアの場合は、インフラ部分に関与する努力をしましょう。社内でチャンスがあれば、SQLやデータベース構築の経験を積み、そのチャンスすらなければ、自宅で自力でやってみる。それが難しければ、スクールなどを利用してやってみる。そうやって、一歩一歩実績を蓄積していけば、データベースエンジニアへの橋がかかるのです。

データベースエンジニアになるための準備

企業側が採用において「未経験可」としている場合でも、何も準備しないまま内定を勝ち取ることは難しいでしょう。データベースエンジニアになるために、最低限必要な準備としては、次のようなものがあげられます。

どんな準備が必要か?

  • キャリアパスの明確化
  • データベースとその周辺知識の習得
  • 業務内容の理解
  • 実際に手を動かしてみる
  • 転職のプロに相談する
  • 転職活動に必要な書類の準備
  • 面接対策


データベースエンジニアのキャリアパスについては、以下の記事も参考にしてもらえればと思います。
データベースエンジニアの将来性とキャリアパスの描き方

資格は必要か?

データベースエンジニアになるためには、必ずしも資格は必要ありません。ただし、就職や転職の際に、一定レベルの知識やスキルを証明できます。資格は無いよりあった方が良いですし、企業側へ熱意を伝える材料にもなるので、挑戦する価値はあると思います。

 

資格については以前、記事にまとめましたので、興味がある方は参考にしてみてください。

データベースエンジニアに役立つ資格【2019年版】

まとめ

今回はデータベースエンジニアの仕事内容について解説しました。データベースエンジニアには幅広い知識やスキルが必要ですが、やりがいもある職業です。是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

<キャリアのお悩み、お気軽にご相談ください>

TechClipsエージェントはITエンジニア専門の転職エージェントです。現役のエンジニアがキャリアコンサルタントを務めており、親身なサポートをさせて頂きます。将来のキャリアに悩みを抱えている方は、ぜひお気軽にご相談頂ければと思います。