1. >
  2. >
  3. 20代エンジニア|転職しようと思ったらすべきこと

20代エンジニア|転職しようと思ったらすべきこと

20代エンジニア|転職しようと思ったらすべきことのイメージ画像

20代エンジニアが転職しようとしたら、何から手をつけるべきでしょうか?今回は、20代エンジニアが転職を思い立ったらすべきことについて解説してきます。

キャリアプランの棚卸し

自分自身のキャリアに迷いが生じ、転職を考え始めたら、まずはキャリアの棚卸しから始めましょう。20代エンジニアの転職は、その後のキャリアの方向性を決める大きな岐路です。そして、この方向性を決めるには、過去のキャリアを棚卸ししなければなりません。

キャリアプランの棚卸しは大きく「スキル・知識」と「志向・マインド」の2つを過去から現在にかけて整理する作業です。

スキルと知識の棚卸し

過去から現在にかけて、どんなスキルや知識を獲得してきたのか整理します。その際、どのような立場で、どのような業務を経験したのかも付け加えておきましょう。

志向・マインドの棚卸し

そもそも、なぜ今の会社に入ったのか、そして、どんな気持ちで業務に取り組んできたのかを整理します。また、何かしら不満を感じて転職を検討していると思うので、どんな点に不満を感じているのかも補足しましょう。20代エンジニアの転職は、30代以上のエンジニアに比べて、ポテンシャルをみられる部分も大きいので、志向やマインドの棚卸しは重要です。

キャリアプランの再設計

過去から現在までのキャリアを棚卸ししたら、キャリアプランの再設計を行います。これまで何を目指して(志向して)、どのような業務に取り組んできたのか。その過程で、どのようなスキルや知識を獲得してきたのか整理されているはずです。
ここから、改めて、今後どのようなキャリアを歩みたいのか、将来ビジョンを明確にします。その際は志向とスキル、それぞれを明確にするようにしましょう。

このように、過去のキャリアと今後のキャリアビジョンについて、志向とスキルを明確にできれば、ストーリーとして語れるはずです。「こういうことを目指して、こんな業務に取り組み、結果としてこんなスキルを得た。そして、今後、こういうところを目指していくために、これまで培ったスキルが活かしたい」といった具合です。

第三者に相談する

ここまでの作業は、あくまで自分ひとりで行ってきました。この先は、より正確に自分の立ち位置(市場価値)を把握し、自分が幸せになれる道は間違ってないか、自分が希望する道に進むだけの力を持っているのか、といったことを検証する必要があります。

この検証作業には、第三者の力が必要です。例えば、信頼のおける友人や先輩に相談をしてみるとよいでしょう。きっと、「君の考えは少し甘いと思う」「挑戦してみればいいと思う」など、色々な意見をもらえると思います。近しい人の意見を聞いたうえで、自分自身として気持ちにブレがあったもの、ブレなかったものを確認します。

そして、もう一つ、是非やって欲しいのが、転職エージェントの活用です。理由は、より客観的な情報が得られるからです。友人や先輩の意見は主観的なものです。これはこれで大事ですが、転職市場で自分はどういった位置づけなのか、自分が行きたいと思っている会社で果たして活躍できるのか、そもそも内定がとれそうか、といったことを確認するには、いささか情報が足りません。
これだけテクノロジーが発達しても尚、企業や求職者が転職エージェントを重宝する理由は、正しいマッチングのための情報やノウハウを持っていることに他なりません。

応募準備

第三者に相談し、キャリアプランの精度を高めたら、転職に向けて具体的な準備に入ります。大きくは「応募書類の準備」と「面接対策」に分けられます。まずは自分なりに準備してみて、転職エージェントに内容を確認してもらいましょう。模擬面接をやってくれるところもあるので、コンサルタントに相談してみるとよいと思います。

キャリアコンサルタントを選ぶ際に気をつけること

転職エージェントは求職者からみると、どれも同じように見えるかもしれません。しかし、実態としては大きな違いがあります。それは「キャリアコンサルタントの質」です。

なかなか見えづらい部分ですが、担当するキャリアコンサルタントがいかに企業と関係値を築けているか、業界やスキルの目利きに優れているかといった点は、少なからず合否に影響を与えます。そのため、求職者自身がキャリアコンサルタントを目利きするくらいの気持ちでコミュニケーションをとってみるとよいと思います。

もし、担当したコンサルタントが、言語やフレームワークの内容を理解していないと感じたら、別の担当者、あるいは別のエージェントに変えた方がよいかもしれません。エンジニアの転職において、技術やスキルは重要な要素です。そこを理解していないコンサルタントが企業へしっかりアピールすることは難しいと思います。

応募〜選考

準備が整ったら、応募し、面接等の選考に進みます。転職にはリスクがつきまといます。20代エンジニアの転職でよくみられる失敗に関しては、別の記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。


<キャリアのお悩み、お気軽にご相談ください>

TechClipsエージェントはITエンジニア専門の転職エージェントです。現役のエンジニアがキャリアコンサルタントを務めており、親身なサポートをさせて頂きます。将来のキャリアに悩みを抱えている方は、ぜひお気軽にご相談頂ければと思います。