1. >
  2. >
  3. 30代エンジニア転職|年齢の壁を超える「戦略」

30代エンジニア転職|年齢の壁を超える「戦略」

30代エンジニア転職|年齢の壁を超える「戦略」のイメージ画像

転職が当たり前の世の中になり、30代で転職するエンジニアも増えています。では、20代のときのように転職できるかというと、そうはいきません。そこには、年齢の壁があるからです。今回は、30代エンジニアの転職につきまとう「年齢の壁」を超えるための戦略について解説していきます。30代のエンジニアで、転職を検討されている方は、是非、ご一読ください。

組織における30代エンジニアの位置づけ

30代のエンジニアが転職しようと考えたら、最初に認識すべきことがあります。それは、30代エンジニアが、会社という組織でどのような位置づけにあるのかということです。


仮に、あなたが大卒のエンジニアであれば、社会に出て約10年近く働いていることになります。その間、仕事を通して様々な知識やスキルを身につけてきたはずです。そんな30代のエンジニアの位置づけは、「組織を牽引する中核人材」です。従って、組織から求められるのは、「プロフェッショナルとしての技術」と「組織を牽引できるリーダーシップ」といえます。

プロフェッショナルとしての技術

私は、長年、キャリアコンサルタントとして、企業とエンジニアの橋渡しをしてきましたが、30代エンジニアの転職では、「プロフェッショナルとしての技術力」が重要だと考えています。
20代であればポテンシャルをみられる場合もありますが、30代のエンジニアは即戦力が求められます。30代のエンジニアで転職を考えられてる方は、まず、自分の技術力が転職市場で通用するのかを把握することからはじめてみましょう。

組織を牽引できるリーダーシップ

次に、30代エンジニアに求められる重要な能力がリーダーシップです。30代は中核人材として、組織を牽引することが期待されています。既にリーダーやマネージャーを経験している方は、企業にアピールできるように、リーダーシップを発揮した事例をまとめておくとよいでしょう。
特に役職についてないんだけど…という方もいると思います。そこは、気にしなくても問題ありません。業務でリーダーシップを発揮した経験を面接で語れるように準備しておきましょう。

転職における「年齢の壁」

20代と比べて、30代エンジニアはスキルも経験も豊富なはずですが、20代に比べて、転職の門戸は狭いのが実情です。なぜそうなってしまうのでしょうか。理由は大きく三点あると考えています。

年齢の壁:①人件費

ひとつ目は人件費です。30代は20代に比べて人件費が高いものです。同じようなスキルを持った30代と20代の求職者がいた場合、企業は、20代を採用した方が固定費を抑えられます。
従って、30代エンジニアが転職を成功させるためには、20代エンジニアと比較して、高い人件費を払うだけの価値を提供しなければならないということです。

年齢の壁:②組織文化への順応

多くの企業が、採用においてカルチャーフィットを重視しています。なるべく早く組織に馴染んでもらい、早く成果を出して欲しいと思っているためです。


一般的に、人は年齢を重ねるほどステレオタイプになりがちです。30代のエンジニアの方は、選考の際、「組織文化に順応できるか」をみられているということを念頭に置くようにしましょう。それだけで、受け答えの内容も変わってくるはずです。

年齢の壁:③技術習得

現状の労働基準法、企業の就業規則では、定年退職を60歳〜65歳と定めているケースが多いです。仮に、現場を離れるマネジメント層を40代とすると、35歳の人は40歳まで残り5年、25歳の人は残り15年となります。


エンジニアとして、現場で活躍するためには技術習得が必要ですので、年齢に伴う「時間的な猶予の差」は企業にとって大きな課題となります。企業が求めるスキルセットに対し、不足している部分があった場合、その差を埋められるかどうかはみられる点です。対応策を準備して選考に臨むようにしましょう。

転職が成功する人と失敗する人の特徴

次に転職が成功する人と失敗する人の特徴を箇条書きでまとめたいと思います。今回はわかりやすい心技体という枠組みに沿って考えていきたいと思います。

転職が成功する人の特徴

・心
 - 自分自身の力量と将来への志、方向性をしっかりと持っている。
 - 自分自身を客観的にみることができる。
 - 新しい環境に適合できる柔軟性を持っている。
・技
 - 適切なスキルセットを保持している。
 - 自分自身の特性に合わせて、スキルの研鑽を行なっている。
・体
 - 規則正しい生活を送っており、体調管理にも気をつけており、ハツラツとしている。

転職が失敗する人の特徴

・心
 - やりたいことばかりで自分自身がみえてない。
 - 自分自身を客観的にみることができず、自分自身の力量を過信してしまう。
 - 新しい環境でも自分のやり方に固執してしまう。
・技
 - 会社から与えられた環境でしかスキルを伸ばしていない。
 - やりたいことばかりで市場感は気にせず 、スキル研鑽の方向も正しくない。
・体
 - 不規則な生活をしており、常に体調が不安定な状態になっている。

30代エンジニアが転職を成功させるために

では、どうすれば30代の転職を成功させることができるでしょうか。以下の軸から考えてみましょう。

30代エンジニアの転職市場を理解する

まずは、30代エンジニアの転職市場を正しく理解することが大切です。特にエンジニアは技術の流行り廃りが早いので、どの領域が転職市場として伸び盛りで、どの領域が衰退しそうかといった、大きなトレンドを整理しましょう。そのうえで、30代エンジニアが企業からどのようなことを求められているのかを理解します。

自分の市場価値を知る

転職市場を理解したうえで、次に自分自身の市場価値を知ることが重要です。その際、年収やスキルだけではなく、自分自身の内面をしっかり見据えることが必要です。大企業が必ずしも良いわけではなく、またベンチャー企業だけが新しいことをやっているわけではありません。どういった企業や市場において、安定的に高いパフォーマンスを出し、高い価値を得られるのかなども考察をしていく必要です。

キャリアプランの棚卸しと見直し

孫子の言葉に「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」というものがあります。転職においては、自分の事、市場の事、そして応募企業のことを知ることが重要ということになります。また、この中で何より重要なのは己を知ることです。


自分自身のキャリアプランの棚卸しと見直しが必要になります。自分の歩んできた軌跡がどのようなものであったか?また、これからどの様な道を歩んでいくのか?そして、希望の道を進むために、どんな能力が必要になるのか?こういったことを考え、冷静に受け止めていくことが必要です。


一人ではなかなか客観視できないという方もいるでしょう。その場合は、プロのキャリアコンサルタントに相談してみましょう。

転職活動へ

ここまで考えてみたら、転職活動を行いましょう。注意して欲しいことは、「転職活動とは企業から自分を選んでもらうものではなく、自分自身も企業を選ぶ立場にある」ということです。面接を取り繕えば内定を頂く可能性はあがります。しかし、内定を取ることがゴールではないはずです。大切なのは、転職後、自分の描いた道に近づいているのかということだと思います。
現在の転職活動は年収至上主義であることも否めません。市場において年収が高い企業であるということは何かしらの問題点や課題を孕んでいることも往々にしてあります。倒産リスクが高いため年収を高く設定している、激務であるため年収が高い、などです。


<キャリアのお悩み、お気軽にご相談ください>
TechClipsエージェントはITエンジニア専門の転職エージェントです。
現役のエンジニアがキャリアコンサルタントを務めており、親身なサポートをさせて頂きます。
将来のキャリアに悩みを抱えている方は、ぜひお気軽にご相談頂ければと思います。