1. >
  2. >
  3. アプリケーションエンジニアの転職市場動向とキャリアパスの描き方

アプリケーションエンジニアの転職市場動向とキャリアパスの描き方

アプリケーションエンジニアの転職市場動向とキャリアパスの描き方のイメージ画像

今回はアプリケーションエンジニアの転職市場動向とキャリアパスの描き方について解説します。 これからアプリケーションエンジニアを目指そうと思っている方や、転職を検討されているエンジニアの方は、是非、ご一読ください。

アプリケーションエンジニアとは

アプリケーションエンジニアはアプリケーションの設計や開発、運用・保守を担う技術者です。

そもそも、アプリケーションという言葉は、使う人によって指すものが異なります。例えば、パソコンのOS上で動作するexcelやwordなどもアプリケーションですし(デスクトップアプリーケーションともいわれます)、yahoo!のホームページなどもアプリケーションです(webアプリケーションともいわれます)。

分類方法も人によってまちまちです。上記のように、OS上で動作するものか、ブラウザ上で動作するものかで分ける場合もあれば、用途や性質を切り口に、業務系アプリケーション、webアプリケーション、モバイルアプリケーションといった分け方をする場合もあります。

アプリケーションエンジニアを目指している方は、応募候補の企業が扱うアプリケーションがどんなものなのか、しっかり確認する必要があるでしょう。

アプリケーションエンジニアの転職市場動向

現在、IT人材不足が叫ばれており、アプリケーションエンジニアも転職しやすい状況といえます。では、将来的にはどうでしょうか?

新しいテクノロジーの登場や、普及に伴う市場変化は、関連業界の雇用に大きく影響します。その意味では、近年、注目されているIoTも雇用に大きな影響を及ぼすと思われます。アプリケーションエンジニアの雇用にとっても追い風となるでしょう。

アプリケーションエンジニアのキャリアの描き方

アプリケーションの種類(業務系・web・モバイル)によって、得られる知識は変わりますが、キャリアの描き方として、共通するものもあります。それらについて、以下で説明したいと思います。

スペシャリスト職かマネージメント職か

キャリアを描くとは、つまり、仕事において、どこで、どんな役割を担いたいか、時間軸も含めて計画することです。アプリケーションに関する技術を極めていくスペシャリストでありたいか、チームや事業を率いるマネージャーでありたいかを、考える必要があります。

仕事の範囲

スペシャリストにしても、マネージメントにしても、仕事について「どの範囲を担うか」ということは、キャリアに大きく影響します。スペシャリストを目指す場合、一般的には下流工程よりも上流工程が給与面では高く、市場価値も高いと考えられています。従って、キャリアプランの際には、どうすれば上流工程も任せてもらえるようになるかを考えて、仕事に取り組むことが重要です。マネージメントでいえば、当然、マネージメント範囲が広くなればなるほど、市場価値は高いということになります。

まとめ

アプリケーションエンジニアの転職環境は求職者にとってよい状況といえますが、新しい技術や環境の変化は激しいといえます。アプリケーションエンジニアとして、どのようなキャリアを歩むべきか、悩むことも多いと思います。そんな時は、キャリアコンサルタントに相談してみてはいかがでしょうか。
<キャリアのお悩み、ご相談ください>
TechClipsエージェントはITエンジニア専門の転職エージェントです。
現役のエンジニアがキャリアコンサルタントを務めており、親身なサポートをさせて頂きます。
将来のキャリアに悩みを抱えている方は、ぜひお気軽にご相談頂ければと思います。