無料 相談してみる

TechClipsAgentは、大手転職会社にはない

現役エンジニアによる親身なサポートでキャリアアップを支援いたします。

無料 転職支援サービス申し込み

DX(デジタルトランスフォーメーション)を推進するため、クラウドを活用する企業が増加傾向にあります。そうした企業に共通しているのは、「CCoE」の存在です。

そこで今回は、CCoEの概要から主な役割と機能、注目される理由、必要な人材などについてご紹介します。ぜひ最後までご覧ください。

CCoEとは?

CCoE(Cloud Center of Excellence)とは、クラウドコンピューティングの導入と管理を最適化するために企業内で設置される専門チームまたは部門のことです。
CCoEの主な目的は、クラウド戦略の策定やガバナンスの確立、ベストプラクティスの標準化、クラウド技術の導入と運用をサポートすることです。

CCoEの主な役割と機能

CCoEの主な役割と機能は以下のとおりです。

CCoEが注目される理由は?

クラウド技術の普及と進化が企業の競争力を左右する現代において、CCoEはその戦略的役割から重要視されています。以下に、CCoEが注目される主な理由を挙げます。

1.デジタルトランスフォーメーションの加速

企業がデジタルトランスフォーメーションを実現する上で、クラウドは不可欠な要素となっています。CCoEは、この変革を推進する役割を果たすことから注目されているのです。
またCCoEを設置することで、クラウド環境の柔軟性とスピードを活用して、ビジネスの俊敏性を高めることができます。

2.クラウド戦略の一貫性と最適化

CCoEを設置しクラウド導入に関する全社的な戦略を統一することで、部門ごとのバラバラな取り組みを防ぐことが可能です。また、リソースの最適な配分と利用を促進し、コスト効率の高いクラウド運用を実現できます。これらの点からCCoEの注目度が高まっていると考えられます。

3.セキュリティとコンプライアンス

増大するサイバー脅威に備えるには、統一されたセキュリティポリシーとコンプライアンスを確立する必要があり、CCoEを設置することでこれを実現できます。具体的には、各種規制や法令に準拠するためのガバナンスフレームワークを提供します。

4.複雑なクラウド環境の管理

複数のクラウドプロバイダーを利用する戦略が一般化する中で、その複雑さを管理するための専門知識が求められています。くわえて、オンプレミスとクラウドを統合するハイブリッド環境の管理も重要です。これらの点から今CCoEが注目されています。

5.イノベーションの促進

CCoEを設置することは、新しいクラウド技術やサービスの評価・導入を迅速化し、ビジネスに新たな価値をもたらします。また、企業内にイノベーションを推進する文化の醸成も期待できます。そのため、CCoEの注目度が高まっているのです。

6.コスト削減と効率化

CCoEを設置した場合、クラウドのスケーラビリティを活用して、ITインフラのコストを削減することが可能です。また、標準化されたプロセスにより運用の効率を大幅に改善できるため、よりスムーズにクラウドコンピューティングの導入を行えます。

7.データ主導の意思決定

CCoEは、クラウドを利用してデータ分析とビジネスインテリジェンスを強化し、データ主導の意思決定を支援します。また、クラウド環境でリアルタイムのデータ分析を実行し、迅速な意思決定を可能にします。これらの点からも注目度が高まっていると考えられます。

8.スケーラビリティとパフォーマンス

CCoEを設置した場合、ビジネスの成長に合わせてITインフラを容易にスケールアップまたはスケールダウンできます。また、クラウドプロバイダーの最新技術を活用し、高いパフォーマンスを実現することも可能です。これも、今CCoEが注目されている理由のひとつです。

CCoEは、クラウド導入の成功に不可欠な要素であり、企業の競争力を高めるために重要な役割を果たします。そのため、多くの企業がCCoEの設置を検討しているのです。

CCoEに必要な人材は?

CCoEを効果的に運用するには、専門的な知識とスキルを持つ多様な人材が必要です。以下に、CCoEに必要な主要な人材とその役割を紹介します。

1.クラウドアーキテクト

クラウドアーキテクトは、クラウドインフラの設計と実装を担当し、クラウド戦略の技術的な方向性を決定する職種です。クラウドプロバイダー(AWS、Azure、Google Cloudなど)の専門知識やシステム設計、ネットワーク、セキュリティに関するスキルを持ち合わせています。

2.クラウドエンジニア

クラウドエンジニアは、クラウド環境の構築や管理、運用を実行し、インフラのスケーラビリティと可用性を確保する職種です。クラウドサービスの実装と管理、インフラの自動化(IaCツール:Terraform、CloudFormationなど)、コンテナ技術(Docker、Kubernetes)などに関する専門知識・スキルを備えています。

3.セキュリティスペシャリスト

セキュリティスペシャリストは、クラウド環境のセキュリティポリシーを策定し、セキュリティリスクを管理・軽減する役割を担います。セキュリティベストプラクティスや脅威分析、セキュリティツールの使用、コンプライアンス(GDPR、HIPAAなど)などのスキルを備えているのが特徴です。

4.デブオプスエンジニア

デブオプスエンジニアは、CI/CDパイプラインの構築と管理を担当し、開発と運用の効率化を図る役割を担います。継続的インテグレーションとデリバリー(CI/CD)、スクリプティング、オートメーションツール(Jenkins、GitLab CI/CD)などのスキルを持ち合わせています。

5.データエンジニア / データサイエンティスト

データエンジニア / データサイエンティストは、クラウド上でのデータパイプラインの構築とデータ分析を担当します。ビッグデータ技術(Hadoop、Sparkなど)やデータベース管理(SQL、NoSQL)、データ分析手法などのスキルを備えています。

6.プロジェクトマネージャー

プロジェクトマネージャーは、クラウドプロジェクトの計画や進行管理、ステークホルダーとの調整などを行います。プロジェクト管理(アジャイル、ウォーターフォール)やコミュニケーション、リスク管理などのスキルを備えているのが特徴です。

7.ビジネスアナリスト

ビジネスアナリストは、クラウド戦略がビジネス目標と一致するように調整し、ROIの評価を行う職種です。備えているスキルには、ビジネスプロセス分析やデータ分析、ビジネスモデル設計などが挙げられます。

8.トレーナー / エデュケーター

トレーナー / エデュケーターは、組織内のクラウド技術に関する教育とトレーニングを担当します。そのため、教育プログラムの開発と実施、クラウド技術の専門知識、コミュニケーションスキルなどを備えているのが一般的です。

9.ガバナンス担当者

ガバナンス担当者は、クラウド利用におけるガバナンスとポリシーの策定・管理を担います。備えているスキルには、ガバナンスフレームワークやコンプライアンス要件、リスク管理などがあります。

10.財務アナリスト

財務アナリストは、クラウドコストの管理と最適化を担当し、予算管理を行います。コスト管理ツールの使用や財務分析、予算計画などのスキルを備えているのが一般的です。

これらの多様な人材の協力によって、クラウド導入の成功を支えるCCoEの強力な基盤を構築することができます。また、それぞれの専門知識が集まることで、クラウド環境の設計や実装、管理、そして最適化を効果的に進めることが可能です。

CCoEにおける課題

CCoEを設置・運営する際は、いくつかの課題に直面することが一般的です。以下に、CCoEにおける主要な課題を挙げます。

1.文化的な抵抗と変革管理

CCoEを設置するにあたって、既存のオンプレミス環境や従来のIT運用モデルに慣れている従業員から反対意見が出ることがあります。また、新しいクラウド技術やプロセスに適応するためには、組織全体の文化変革が必要です。

2.スキルと知識のギャップ

企業によってはクラウド技術に精通した人材が不足しており、新しいツール・サービスの習得が困難なこともあるでしょう。その上で、最新のクラウド技術やベストプラクティスを常に学び続けるためのトレーニングプログラムを整備する必要があります。

3.ガバナンスとコンプライアンス

CCoEを設置する際は、セキュリティやコンプライアンス、コスト管理のための統一されたガバナンスフレームワークの構築が必須です。その上、各国・各地域の異なる法規制やコンプライアンス要件に対応する必要があります。

4.コスト管理

CCoEを設置するとクラウドリソースの使用が予想以上に増加し、コストが膨れ上がる可能性があります。そのため、クラウドコストを適切に監視し、最適化するための戦略を考えたり、ツールの導入を検討したりする必要があるでしょう。

5.セキュリティとリスク管理

CCoEの設置には、クラウド環境におけるデータ漏洩やサイバー攻撃のリスクも伴います。セキュリティリスクを評価し、迅速に対応するための体制の整備は必須といえるでしょう。

6.インテグレーションの複雑さ

CCoEを設置した場合、既存のオンプレミスシステムやアプリケーションとの統合の複雑さに悩むこともあるでしょう。また、複数のクラウドプロバイダーを利用する場合の運用管理の複雑さにも直面する可能性があります。

7.パフォーマンスとスケーラビリティ

CCoEを設置する際は、クラウドリソースの適切なスケーリングとパフォーマンスの最適化が課題となることもあります。また、高可用性とパフォーマンスを維持するためのクラウドアーキテクチャの設計と実装も重要になるでしょう。

8.変化への対応

CCoEを設置した場合、クラウド技術の急速な進化に追随し、適切に対応することの難しさに直面することがあります。継続的に変化するベストプラクティスや技術トレンドに基づいて運用を改善する工夫が必要になるでしょう。

9.ステークホルダーの調整

CCoEを設置する場合、IT部門とビジネス部門での意見の調整や優先事項の一致などに時間がかかることがあります。また、クラウド導入による成果についてステークホルダーの期待を適切に管理することも求められるでしょう。

10.データ管理

CCoEを設置する際は、既存のデータをクラウド環境に安全かつ効果的に移行するプロセスの確立が必須です。あわせて、データの所在や法的管轄に関する課題もクリアする必要があります。

CCoE設置の成功には、これらの課題に対して継続的に対応し、柔軟に適応するための戦略と体制が求められます。適切な人材配置、教育プログラムの整備、統一されたガバナンスの確立、そしてクラウド技術の最新動向に対する敏感さを意識しましょう。

TechClipsがご紹介するるDXコンサルタントを募集している企業さまの一例

TechClipsがご紹介するDXコンサルタントを募集している企業さまの一例です。

・PayPayカード株式会社
・パーソル&サーバーワークス株式会社 など

詳しくはご登録後にご案内いたします。ご登録はこちらから。

まとめ

CCoE(Cloud Center of Excellence)は、クラウドコンピューティングの導入と管理を最適化するために設置される専門チームまたは部門のことです。クラウド導入の成功に不可欠であり、企業の競争力を高めるために重要な役割を果たすため、今多くの企業がCCoEの設置を検討しています。

CCoEの基盤は、多様な人材の協力によって構築されます。具体的には、クラウドアーキテクトやクラウドエンジニア、セキュリティスペシャリストなどです。
そのため、CCoEの設置を視野に入れる企業への転職を検討しているのであれば、今回ご紹介した職種に必要なスキルを高めるのがおすすめです。ぜひ参考にしてみてくださいね。

私どもTechClipsエージェントは、 ITエンジニアやITコンサルタントを目指す皆さまのキャリアプランの相談をはじめとした、 無料の転職支援サービスです。人生の目標やキャリアの方向性を整理し、一緒に考えていく作業に多くの時間を割いています。もしひとりで自分自身のキャリアや転職活動の進め方に悩んでいるのであれば、この機会にぜひご相談ください。

簡単60

無料 転職支援サービス申し込み